上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



 暇に任せて100円ショップをウロウロさまよい歩いていると、いろいろなものが目に付く。

 で、こんなものを買ってしまった。

 

DSCF9487.jpg 

 名前は何となく「恥ずかし~い」が、何てことはない、ただの物入れだ。

 これをご覧になればオッサンのブログを訪れてくれる賢明な皆さんなら「またか~」と思われたはず。

 そう、そうなんですよ。

 その通りなんですよ。

 箱を見れば穴を開けたくなっちゃったんですよ~。

 

DSCF9491.jpg 

 そしてお出まししたのは葉挿しで大きくなったこの方たち。

 

DSCF9489.jpg 

 狭い苗床から這い上がろうともがいているのだ~。

 だから植えたのです。

 この「ダブルチャーム」の「学習院ブロンズ姫様用寄宿舎」に。

 

DSCF9497.jpg 

 でも、何でもかんでも押し込んだので、今までより窮屈になっちゃったみたい・・・。

 こんなに詰め込んだら誰が何処のお姫様か全然分かりゃしない。

 これじゃ「婆や」が訪ねて来ても、「ウチの姫様、どこじゃいナ~」といくら探しても見つからない。

 最後は「あ~あ、何処に行っちゃったのかナ~? 姫様は。これじゃあ、お殿様に叱られちゃうよ~。」と諦めて帰っちゃうんだろうナ?

 「困った、困った~」と「ひめ~」を上げながらネ~。

 

 「もっと『チャーム』と探せば見つかったのに~」と陰の声が・・・。

 

 

スポンサーサイト


 一昨日のこと。

 ぐづついたた天気も一段落したと思ったので、多肉への水やりを始めた。

 で、フレームから寄せ植えの入ったトレイを取り出し、「さて掛けるか」と思ったら・・・、

 「な、何こ!れ~~~。」

 

DSCF9339.jpg 

 「朧月」の葉っぱがバラバラ事件になっちゃっている。

 

DSCF9338.jpg 


「もしやネコの悪戯?」と思ったが、フレームの蓋は閉まっているのでネズミ一匹入れないはずだ。

 そしてよくよく見ると茎の根元が腐っている。

 「何でだよ~? 他の『同居人』は何でもないのに、オマエさんだけ何でこんな姿に・・・。」と嘆いても、理由は全然分からない。

 「戸外でも、どんな境遇でも元気に育つ」と言う謳い文句は嘘だったのかナ~?」と疑念も・・・。

 水は7日にやったので、その後11日しか経っていない。

 こんなことってあるのでしょうかネェ?

 どなたか分かる方、教えて下さいネ~。

 可愛そうな「ボロボロ月」ちゃん、せめて在りし日の写真を見て、追悼しようかナ~。

 

IMG_4630.jpg 

 
 



 デッカイ「朧月」のデッカイ葉っぱの陰から顔を覗かせている子株。

 

DSCF8547.jpg 

 このまま行くと「多分、葉が邪魔になって成長不良か、はたまた奇形になるのでは?」と思い、「大きなお世話」をすることにした。

 「この葉っぱを上から紐で引っ張って別の葉っぱに引っ掛けようか?」とも考えたが、もしかすると上の葉がもげてしまうかもしれない。

 ならば、「つっかい棒を」と思い、木工端材置き場をゴソゴソやって、竹串を探して来た。

 そして戻ったら「エッ!?」「アレッ!?」「オヤッ!?」・・・。

 

DSCF8550.jpg 

 いつのまにか視界が開けちゃっていたのだ。

 そして鉢の下に転がっていた「在りし日の葉」。

 

DSCF8549.jpg 

 う~ん、「大きなお世話」を嫌って自ら命を絶ったのか?

 それとも「自分が犠牲になって子供を助けたのか?

 真相は分からないが、その最期を見とどけて、優しく赤玉土の上に横たえてやった。

 「安らかに」、そして「早くもうひとつの命を産み出せよ」と言いながら・・・。

 これ、嘘のようなほんとうの話ですよ~。

 でも、多分、ほんとうのところは、最初の写真を撮るときに手が触れて、オッサンが動いた振動で取れちゃったのでしょうがネ~。

 これを見た時に浮かんだのが、オッサンの下手なオンボロ木工細工。

 ボンドでしっかり付けたつもりが、ちょっと触ったら「ポロッ」っと取れちゃったことが何度かあった。

 だからこの多肉も名前どおり、「オンボロ付き」なんでしょうネ~。

 

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。