上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

 10月下旬のこと。

 とあるホームセンターで珍しいものがあったので買ってきた。

 これがそれ。

 

DSCF8450.jpg 

 この時は名札が付いていないので属も名前も全然分からなかったが、もう一軒寄った同じホームセンターで「巨鳳」という名が付いていた。

 ホームセンターでは当然野菜や果物は売っていないので、まさか「巨峰」の間違いじゃないだろう。

 で、帰宅後早速植え替えようとしたが、この「白い石」、カチンカチンに固まっていて、ちょっとやそっとでは取れなかった。

 それでも多肉を傷つけないように、先の尖った千枚通しやらドライバーを使い、トンカチでコツコツ叩きながら四苦八苦して、何とか表面の白い砂を取り除いた。

 

DSCF8611.jpg  

 「ったく、もう~、何てことをするんだろう? 植物愛護協会に訴えてやろうか?」と、本気で思った。

 「いくら大企業のホームセンターでも、やって良いことと悪いことくらい判別がつかないのか?」とも。

 そして優しく、「今度はこんなひどい目に遭わせないから、ゆっくり手足を伸ばして大きくなるんだよ」と労わったのだ。

 

DSCF8772.jpg 

 ちょっと色が変だが、これはフラッシュを焚いたのでこんなになっちゃった。

 でも、気にしないのだ。

 

 で、数日前、別のホームセンターでまた同じような「白砂多肉」に遭遇。

 「またかよ~」「どこでもかしこでも、こんなことしやがって~」「何でコンクリート詰めにするんだよ~」と罵りつつ、脇を見ると・・・。

 「この表面の砂は水を掛けると砕けます」と書いてある。

 「ガ~~~ン!」・・・。

 そういうことだったのか~?

 知らなかった~。

 そんな砂があったのか~。

 と、脳の中が真っ赤っかに「赤面」。

 いくら知らないとはいえ、本気で怒っちゃったよ~。

 「あ~あ、無知なオッサンをさらけ出してしまった~」と、一人こっそり後悔。

 これって、ほんとのことだったのですよ~。

 そして家に帰って来て、改めて、「『きょほう』もまた一つ知恵が付いたわい」と思った次第です~。

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。