上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




 我が家には元気のない苗が「4人」いる。

 


 まずは、ガステリアの「桜富士」。だと思う。

 

DSCF8374.jpg 

 次に同じくガステリアの「紅摺墨子宝」。これも、だと思う。

 

DSCF8377.jpg 

 三番目は、「不夜城」その一。

 

DSCF8380.jpg 

 そして最後は、「不夜城」その二。

 

DSCF8382.jpg 

 

 どれも日増しに弱って来たようなので、ちょっと試してみた。

 

 「桜富士」。

 

DSCF8397.jpg 

 「紅摺墨子宝」。

 

DSCF8395.jpg 

 「不夜城」その一。

 

DSCF8390.jpg 

 「不夜城」その二。

 

DSCF8393.jpg 

 

 そうです、ミズゴケの中に置いてみたのです。

 これは、「かえる十兵衛」さんの記事を拝見しての方法。


 「十兵衛」さんは「こてっち」さんから、「引っこ抜いて水苔に挿す」と教わって試したところ、「見事復活した」のだそうだ。

 そこで何でも真似したがるオッサンが当然トライしてみたのだ。

 

 10月24日にミズゴケに挿して、丁度一週後の今日の姿。

 

 「桜富士」。

 

 

DSCF8713.jpg

 

 「紅摺墨子宝」。

 


DSCF8715.jpg

 

 「不夜城」その一。

 

DSCF8711.jpg 

 「不夜城」その二。

 

DSCF8706.jpg 

 

  「紅摺墨子宝」は何が不服か、未だあまり変化はないが、それ以外の子たちはミズゴケベッドがお気に召したようで、俄然緑を取り戻し、活き活きして来たのだ。

 まさかこんなにすぐに効果が出るとは、「あっ、お釈迦様でも気がつくめ~」と大見得を切ってみたくなった。

 と言っても、自分で考えたのではなく真似しただけなので、そんなに威張れた話ではないのだが・・・。

 それにしても「ブログって役に立つ」と改めて痛感。

 一人でチマチマ育てていても、多分こんな知恵は生まれてこなかっただろう。

 「十兵衛」さん、「こてっち」さん、ほんとうにありがとうございました~。

 オッサン、感謝してますよ~。

 

 

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。